家具の選択

家族構成の変化と築40年を前に

子供の頃から育てられた家が建て替えられたのは、私が小学5年生の頃でした。 その後、両親が他界し本格的なリホームを考えたのは、妻からの悲痛な訴えが有ったためでした。と言うのも、我が家の造りでは小さな施術所と自宅が兼用になって設計されており、患者用トイレの隣がいわゆる台所と言う特殊な状況で彼女は調理などを行っていた為でした。丁度、私達二人だけの世帯になった事も有り、主の居なくなった部屋と居間もほぼ40年近く畳替えも行っておらず、決断の時は迫っていました。この時、およその間取りの変更と和室から洋室へ、そして暖房器具として使用していたガスストーブから床暖房の採用、ダイニングキッチンセットの購入などが、ほぼ決められました。

リビングダイニングとソファの選択

工事の日程が決まると、次は家具やダイニングセットの選択です。工務店側からのおすすめに従い、幾つかのショールームを見て回ることになりました。 そして帰りには近隣の家具店に足を運び、店員のおすすめ品や自分たちで気に入ったソファやテーブルを見て回り、幾つかの品物が候補に上がりました。特にこだわったのはソファ選びの部分ですが、本革製と電動リクライニングの2点が希望するソファの外せない部分でした。店員さんからおすすめのあったソファは、正しく希望通りの品物でしたが、唯一、価格だけが予算通りとは行きませんでした。そこで同一店舗の通販サイトを覗いてみると、同じ品物が販売されている事に気付きました。そしてポイント還元は通販サイトを利用した方が、高くつく事とポイントは現金と同じように使用できる事も判りました。勿論、搬入・設置共に店舗と変わらず丁寧に行っていただきました。購入は通販サイトがおすすめです。