フリルのサービス

まるで西洋のようなフリル付きカーテンの歴史

女の子らしいかわいいカーテンが欲しい際には、ピンクや白と言った色合いやデザインから決定するのが主流です。今までもそうしたデザインに目が向けられていましたが、過去にはもっと上品な商品が存在していた歴史がありました。西洋の貴族の部屋にあるような、お嬢様を連想させるフリルの付いた立派なデザインのものもあります。こうしたデザイン性豊かなものは現代でも高値で、庶民では手が付けられるものではありません。そこで、各カーテン会社が始めたのがフリルのオプションサービスです。一般的に販売されているカーテンに、加工でフリルを取り付けると言ったものです。そのクオリティはしっかりしており、見栄えにも違和感をほとんど持たせない程技術が進歩しています。

タッセルのデザインと与える印象

個性豊かな家々が手軽に建てられる世の中になりつつあり、求められるカーテンのデザインにも少しずつ変化が見られています。カーテン単体としてのデザインもそうですが、それに付随するオプション的なアクセサリーにもスポットがあてられています。一番メジャーなオプションと言えば、カーテンをまとめてしまい込むためのタッセルです。同じ色と生地のものを使用するのが通常ですが、一工夫して違う素材にするのもまた個性的な印象を与えられます。見た目にも締まりがあり、すっきりとした印象のロープデザインはシンプルでどんなデザインにも相性抜群です。また、部屋や性別・趣向に合わせたデザインも可能です。女性なら可愛らしくパールや宝石のようなデザインの紐もありますし、男性ならしっかりとベルトのような固い印象で締めると言う使い方も注目されています。